スチューカツ! 2020

【スチューカツイベント】先輩の成功・失敗から学ぶGD実践(イベントレポート)

短時間で多くの学生を選考することができるため、ES通過後、初期段階の選考でGDが多く実施されています。実際大手企業の約4割は実施しているというデータもあります。

筆者もサマーインターンの選考でGDを初めて体験しましたが、周りの就活生に圧倒され撃沈しました。その時初めて、GDには暗黙のルールがあり、それを知らなければ勝負にならないと危機感を感じ、スチューカツのイベントをはじめ、さまざまなGD実践講座に足を運びました
最初はグダグダだったGDも練習の回数を重ねるうちに、「こうすれば流れを作ることができる」「この発言が人事に響く」ということがわかるようになり、フィードバックでも良い評価をもらえるようになりました。

「GDに自信がない」、「いつも何となくで終わってしまっている」という人も多いのではないでしょうか?12月のスチューカツのイベントでは、そんな就活生のためにGDの実践イベントを行いました。

 

当日のタイムスケジュールは以下の通りです。

17:00~17:05 スチューカツの説明

17:05〜17:15 グルディス流れ・注意点

17:15〜17:40 グルディス実践

17:40〜17:50 発表&フィードバック

17:55〜18:20 グルディス実践

18:20〜18:30 発表&フィードバック

18:30〜18:45 実体験プレゼン

18:45〜18:50   次回予告

18:50〜19:00 アンケート実施、解散

GDは慣れてしまえば、とてもスムーズに議論を進めることができます!逆に慣れてない人は、周りのメンバー流れに乗れず置いてかれる可能性があるので危険です。

 

まず前回のGD講座の復習ですが、GDにおいて大切なことは3つです。

「自分とグループのメンバーみんなで通過しよう」の心構えで挑む

積極的な姿勢

役割を決める

この3点です。たった3つのポイントですが、どのGDでも大切になってくるので、心にとめておいてください。

 

次に、GDの種類です。GDには4つの種類があり、それぞれで議論の進め方が異なります。

抽象的テーマ型

課題解決型

資料読み取り型

ディベート型

それぞれのGDの種類に進め方とポイントがあります。この流れを知っているかどうかでだいぶGDの通過率は変わってきます。

続いて、GD実践の時間では、「良いリーダーとは」というテーマと「コンビニの売り上げを二倍にするには」というテーマでGDを行ってもらい、その後に内定者からフィードバックをさせていただきました。1回目と2回目では議論の進め方や発表の仕方に大きな変化を見ることができ、やはりGDは練習をすることでスキルアップできるということを感じました。

 

次に、内定者から集めた体験談をもとに、「過去から学ぶGD実録」と題し、成功談や失敗談をプレゼンいたしました。成功談としては「ポジションを決め、自分の役割を理解して柔軟に対応する」や「意見の絞り方や、内容の詳細を詰めるときに力を入れる」などがありました。まとめると、目立つよりも、グループの貢献度や、入りたいという真摯な態度が重要です。失敗談としては、「新しい事業を考えるテーマで、企業研究不足により、うまく発言ができなかった」や「メンバーの高学歴に対して怯んでしまった」などがありました。まとめると、GDはとにかく経験!たくさん挑戦して、失敗して次に活かす!ということで、多く練習することが大事ということが学べたのではないかと思います。

今回のレポートにまとめたことは当日の話のごく一部です。実際イベントに参加するともっと多くのことを学べると思うので、ぜひいらっしゃってください。スチューカツは全力で青学生のあなたのことをサポートします。参加お待ちしております。